育児ママは会社の制度を利用しよう

「出来るだけ長く仕事を続けていきたい」という女性にとって大きな壁となるのが育児であり、仕事と両立させていけるかで思い悩むことは珍しくありません。
特に子供がまだ小さい時期は特に悩む人が多いようで、小学校に上がるまでは仕事をするのは厳しいという意見も珍しくありません。
例え、「育児休暇後にすぐに職場に戻りたい」と考えても、職場の忙しい勤務状況を考えると難しいという判断になることもあります。

その際に仕事することを諦めるのではなく、転職を検討してみてはいかがでしょうか。
育児をしながら仕事をしている人の多くは、会社からの理解やサポートを受けて働き方を工夫しています。
育児と仕事の両立が難しい理由には、保育園に子供を預けられたとしても子供を迎えに行って夕食を食べさせて寝かしつけるという育児の時間が確保出来ないということが挙げられます。
夕方は早く家に帰れなければならないため、それが制度上可能な職場もあります。
しかし育児期間中は夕方頃に勤務時間が終わらせることが出来、その後の残業も行わない契約で雇用出来る場合があります。
その代わりに、給与や手当などの待遇面で通常の契約に比べると不利な面も生じるものの、育児期間が終われば元通りの契約に戻すことが出来ます。
このような支援制度のある職場を転職の際に選ぶことが大切です。
ただし、会社側からの様々なサポートや制度を受けるためには勤続年数などの条件が付されている場合があるので、転職の際には注意しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

TOP